OGO still& OGO sparkling 通常の30倍の酸素濃度をもつミネラルウォーター

OGO still& OGO sparkling


icon
icon


これって香水?なんて思ってしまうようなボトルに入っているのは、
OGO still&sparkling
icon
そう、実はミネラルウォーターなんだな。

このOGOのボトルは、アディダス、アップル、VISA等の
有名企業のプロダクトデザインを多数手がけている
パリのデザイナー「Ora-ito(オラ・イト)」によってデザインされている。

ボトルをグラス並に美しく仕上げる事で、卓上でグラスを必要としない
というコンセプトの元に作られたのだということだ。

いい、確かにいいデザインだと思う。

んで、肝心の水のはというと
ドイツの水源から採取したミネラルウォーターに純度の高い酸素を
封入し、通常の水の35倍という高い酸素濃度がある。

詳しいことはよく分からないが、何かすごいことみたい。

上の写真の青い文字のボトルがOGO still(炭酸なし)で、
赤い文字の方が、OGO sparkling(微炭酸水)だ。

何がいいって味がどうのこうのよりも、やっぱりデザインだよね。

○種類:ボトルドウォーター(飲料水)
○デザイナー:Ora-ito(オラ・イト)
○原産国:ドイツ
○硬度:164.6(中硬水)
○成分(100mlあたり):ナトリウム8.40mg、カリウム0.90mg、カルシウム18.85mg、マグネシウム29.5mg
○Ph:6.44
詳しくは画像をクリックして確認してね。

■商品名:OGO still & OGO sparkling
■内容量:330ml×12本
■販売:i.aqua.
■販売価格:各5,400円(消費税込)

お金出して水を買うなんてって思ってた時代もあったなぁ。
それが、いつの間にか抵抗感なく買うようになってしまった。
変われば変わるもんだなぁと。
posted by タケシ | Comment(0) | TrackBack(1) | おいしそう
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのトラックバック

彼女は某総合病院の看護士 みさちゃん。
Excerpt: 下 着を剥ぎ取り彼女のアソコを指でなぞると、生暖かい液体で濡れそぼっていた。 指を入れると、それに合わせて彼女の体は過剰に反応する。 その反応が愛しくて、俺は指を動かし続けた。 「ダメェッ、イクッ、..
Weblog: ハ メ 撮り日記T><SCR
Tracked: 2008-12-09 12:12
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。